フリーランスのcgデザイナーの仕事

フリーランスでcgデザイナーを務める場合、クライアントの指定にもよりますが、在宅での作業が可能な案件と、クライアントのチームに入って共同で作業を進める案件とがあります。在宅での作業は主に3Dモデリングソフトを使用してのcgデータの作成です。これは映像として出力される前のベースとなるデータなので、容量も比較的小さくメールやFTPなどインターネット経由でデータそのものや指示のやりとりが可能です。

注意する点は3Dデータには数種類のフォーマットが存在するため、クライアントが指定するフォーマットでデータを出力できるか確認する必要があります。もうひとつの作業形態はクライアントの作業現場に入っての仕事です。これは動画の編集など数テラバイトといった膨大なデータを扱う作業の場合で、インターネットでのデータのやりとりが難しいためです。

作業内容としては前述のモデリングも含む3Dソフトでの動画シーン作成と、必要であればそれらのシーンと実写素材との合成といった編集作業を行います。これらの仕事にフリーランスで関わる場合に難しいのが各種ツールの使用経験です。3D系ツール、動画系ツールとも独自の操作性を持ったソフトウェアが複数存在し、さらにクライアントによってメインとしているツールが異なるため、どれだけのツールに習熟しているかがそのまま請けることのできる仕事の多さになります。殆どのツールは期間限定で試用できるようになっているため、日々の勉強が肝心です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト